FAQよくあるご質問

Q9. 新会社法における役員に関する緩和

私は、現在株式会社(株主は私1人です)の代表取締役を務めております。事業規模も小さく、以前より会社業務の全てを、私1人で遂行して参りました。現行の商法において、株式会社は、取締役3名と監査役1名を置かなければならないため、やむを得ず名目上、息子2人を取締役に、家内を監査役として登記しておりますが、いずれも実態のない役員です。
新会社法において、役員に関する緩和はあるのでしょうか?

はい、あります。

公開会社(株式の譲渡制限のない会社)以外で、大会社(資本金5億円以上又は、負債総額200億円以上)以外の会社であれば、監査役を置かず、取締役1名でもOKとなりました。また、その任期も最長10年とすることもできます。

今後、中小会社の機関については、数通りのパターンが生まれることとなりますので、会社の実情に合ったパターンを選ぶこととなるでしょう。

お問い合わせフォームはこちら

TEL 045-226-5041 営業時間/平日9:00-18:00

独立起業、相続・事業承継等
初回相談無料
お気軽にご予約ください。

このページのトップへ